企業も人材の採用や雇用にとどまることなく、企業自ら変化をしていくことが求められます。

グローバル化・採用難に対策を!

グローバル人材採用支援.com

人材紹介10年以上の豊富な経験と実績を活かし、
中小企業の採用難を外国人・グローバル人材採用でサポートします。

営業
時間

10:00~17:00
(土日祝日を除く)

グローバル人材採用支援.comへの
お問い合わせは
メールのみの受付となります。

[求職者]海外で働くメリット・デメリット

[お仕事お探しの求職者様向け]グローバル人材採用支援.com

海外で働くメリット・デメリット

「海外で働く」ことは、良いことも楽しいこともたくさんありますが、それ以上に大変なこともたくさんあります。
ここでは、海外で働くメリットとデメリットについてご紹介します。
「本当に海外で働きたいのか?」と考える際の参考にしていただければと思います。

海外で働くメリット

個人として認められるやりがい

海外で働いていると、日本ではかなり大手企業の名刺を出しても海外では全く知名度がなかったり、日本の有名大学出身でも現地の方は大学名を全く知らなかったりと肩書きが全く通用しないことが多々あります。

海外では、「会社名よりも個人にお客さんがつく」と言われます。
自分自身の人間性や経験によって、物事が左右されますので、自分の存在価値を証明していかなくてはなりません。

海外は自分が日本で経験してきたことや学んできたことが試される場所です。
それが結果となって早い段階で表れる場所です。

個人として認められるやりがい

日本では掴めないチャンスがたくさんある
海外の会社は、日本に比べて規制やルールが少ないのが実態です。
海外では、日本では中々手に入れることができないチャンスも自分自身の動き方や考え方1つで早い段階で手に入れることができます。


これら全てが海外で働くことのやりがいとチャンスに繋がっていきます。
もちろん、海外でただ働くだけで「やりがい」と「チャンス」を手に入れられるわけではありません。
日々、努力と意欲的な行動を続ける必要があります。
常に目標を持って、周りに流されることなく、努力を続けましょう。そうすれば、日本では経験できないことが経験できます。また、様々な方に出会うきっかけにもなります。

さらに海外での経験を日本で活かすチャンスにもつながります。

海外で働くデメリット

採用によって給与や福利厚生が異なる

現地採用は、駐在員に比べて給与や福利厚生など異なる点が多くあります。

比較的、給与も安く、雇用契約が突然なくなる可能性もあります。
福利厚生も現地待遇なので、年1回の帰国費用の負担もありません。
日本に帰国しても海外経験がそれほど評価されるわけでもありません

想像よりも厳しい可能性もある

海外就職は決してバラ色ではありません。
海外就職を経験した方の中には、「海外就職はやめた方がいい」とアドバイスされる方もたくさんいることでしょう。

現状をよく理解し、決して楽ではないと十分に覚悟した上で、日本ではできない経験ができると考えれば、デメリットではなくなるかもしれません。

それでも中には、「海外で働くデメリットを頭では理解しているつもりでしたが、実際に働いてみると、現実は想像よりも厳しかった」と言う方もいます。
海外で働いてみないとわからないこともたくさんあります。


自分自身が後悔をしない選択をしていただければと良いと思います。
自分が海外に合わないと判断したら、日本で就職すれば良いのです。

人生は1度きりです。
自分がしたいことを優先し、その後を考えていくのも1つの案です。

海外の求人情報はこちら

グローバル人材採用支援.comへの
お問い合わせはこちら

グローバル人材採用支援.comをご覧いただき、ありがとうございます。
お問い合わせはメールからのみの受付となります。
メールフォームに記載の上、ご連絡宜しくお願い致します。

新着情報

ガルベラ総合サイト・
セミナー掲載サイトを含む更新履歴

2023年02月01日

お問合せはお気軽に

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

ISO27001 ISMS認証取得 認証登録番号 IS734549